読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔面について

バカだから、自分の顔がどれくらいかっこいいのか・どれくらいかっこよくないのかがいまひとつ分かってない。自分はクッソ不細工だというのは弁えているつもりだし、自分が写ってる写真を見て「きめ〜〜〜〜!!!!」と思うこともあるけど、自分の顔について結局そのぐらいしか知らない。中学のとき「この人俺に顔が似てるな~笑」と勝手に思ってた人が学年で最もかっこいいとされてる男だったことがある。このエピソードははじめて話したので重み(キモさ)を受け取ってほしいな。

走るのを一ヶ月以上継続できているのが自分でも意外だ。ただ最近は調子がよくなくて、25分ぐらい走ると膝に痛みを感じるので、そうなる前に走るのをやめて歩いて家まで帰ることにしている。そうしてトボトボ歩いていると過去の恥ずかしかったこと悔しかったこと申し訳なかったことなどの記憶が無限にフラッシュバックしてきて、それを振り払うために突発的に走りだし、もちろん膝が痛むのですぐに速度を緩めて後方に誰もいないか確認する。そういうことを毎日やっているのは、ださいことだ。汗が蒸発して体温を奪う。最近また寒い。家の近所で駐車場の壁にもたれかかり、漠然と上の方を見てたのだが、「顔がきもいやつがそんなことするなよ恥ずかしい」という心の声が聞こえてきてやめてしまった。ほんとうにどうしようもない脳みそなのか、あるいは顔なのか。どちらのこともよく分かっていないし、単に寒かったということにしておきたい。

 

学校で「卒業生を送る会」が催され、ひさびさに学校に行ったが、壇上が知らない人で埋め尽くされているのをずっと観てなきゃいけないという状況にすごく疲れた。俺は「送られていない」んだな、などとありきたりながら思ったことを書いておく。俺は去年そこの舞台に立ってMCやったんだぞなめるな死ぬからここから出せおい。別にそんなことはどうでもいいんだよ。

感動のスライドショーの序盤に俺の顔が写り込んでいてうろたえた。宿泊オリエンテーション(新入生の親睦を深めるために足柄に3日だかみんなで泊まる行事)のころの自分は「この学校でなんとかなってやろう」と思って係のチーフをやったりしていて、かなり無理がある笑顔を浮かべて変な角度のピースをしていた。中学時代に「無表情は見てらんないな」ということを悟ってけっこう頑張ったつもりだったのだが、ぜんぜん気持ち悪かった。みんなもそう思っただろうなと思う。「おっ、まだ感情がある頃じゃん笑」とか言ってひとウケしておいた。感情は今もあるのに適当なことを言ったなと反省している。

 

目を合わせて会話するぞとか頑張ってた時期があったけど、その様子を写真や映像で見せられるとやっぱり気持ち悪くてダメになってしまった。自分の見た目が気持ち悪い可能性があるのに誰かに対して恋愛感情を表に出してしまうのはダメなんじゃないか、とか思うのは不自然なことだろうか。いやまあそもそもそういうことのきっかけすら無かったけど。恋愛やってる奴全員意味がわからない。自然に振る舞える人がうらやましい。なんなんだ。セックスすんなバーカ。

顔が適当に整っていればと思うことが多々ある。ロックやパンクみたいな何か反抗的な文化を担ってる人で顔がかっこ悪い人ってほとんどいなくて、「そうやって、顔がかっこいいから偉そうなこと言ってられるんじゃないのか」とか思ってしまう。のび太くんはジャイアンスネ夫より顔が整っているからしずかちゃんと結婚できたんじゃないのかとか。そんなことないかな。

 

「見た目は内面の一番外側」とか「人は見た目が9割」みたいな考え方が世間に完全にウケて、「人間は見た目によらぬもの」みたいな考え方は完全に乗り越えられたっぽい。「内面が大事というのは真実だが、その判断材料として適切なのは言動よりも見た目だ」。「見た目というのは日々の積み重ねで誤魔化しが効かないものだから」。「あなたという人間の判断材料が見た目である以上、そこに力を注いだ方がいい」。

クソ正しいんだろうけど、「顔のパーツやその配置」みたいな本人ではどうしようもないものがある、ということを無視した物言いに勝手にむかついている。そういうことじゃないのは分かっているけど書きたいから書く。

俺がめっちゃ痩せて最大限におしゃれをしたとして「オタクがイキってるや笑」以上の印象になるとは思えない。「顔面がクソだという自覚があるからやらなかったこと」とか「顔面で他人に判断されて俺の行動が制限された経験」とか、かなりある。顔なんてものは自分じゃどうにもできないのだから、そんなもの完全に無視して自分や他人のことを考えられたらよい。みんな顔をのこぎりで切って捨てよう。

服装で自己表現できるレベルの顔面がない。顔面にうんこが塗ってあるんじゃねえかみたいな意識で毎日生きてる。うんこを屋外に持ち出し、うんこを電車に持ち込む。うんこを友達に見せびらかす。自分の代わりにうんこを喋らせる。汚いものを見せているのはめちゃくちゃ失礼な気がするが、「自分でもよく分からないけどもしかしたらうんこかもしれないものを見せてしまい、まことに申し訳ない」という気持ちを表す手段がないし、わざわざそんなことをやると不愉快だ。きちがいだと思われたくない。自分の顔を常に確認したいのは、自分の見た目が今どんなふうになっているか見当もつかないから。ホッとしたい。なかなかできない。

 

こないだ小学校や中学校の思い出の品々を引っ張り出していたら、「あなたはどんな人間になりたいですか?」と書いてある紙が出てきた。かなり思い入れのある小5のときの担任が書いてくれた俺の手紙への返信だったが、これはもう全然わからない。俺は人からの見られ方だけなんとかなればいいと思ってしまっているんじゃないのか、何かになろうとしないから何からも抜け出せないんじゃないのか。顔面がゴミだから何にもなれない、なんて考えてしまっているがそんなのダメなんじゃないのか。死ぬまできめえ顔面ぶら下げて生きていくしかないんだ。きめえのかもよく分からない顔。せめて、見慣れていない状態の他人から見て自分の顔がどういう風なのか一度見ることができたらいいのに。

他人と接触する機会がほしい。慣れたい。試行回数を増やしたい。行動する勇気がなさすぎるし、その原因を見た目や挙動に結びつけて逃げる行為が誠実じゃないというのも薄々感づいてはいる。でもやっぱり顔は気持ち悪いのは、どうしたらいいんだ。最近では大人というか"師(し)"みたいなものと出会えればなにか変わるんじゃないかと思っているんだけど、身動きがとれない。

とにかく、浪人生として過ごすことになったので、誰か暇な人がいたら遊んでほしいです。お願いします。俺なりにコミュニケーションを頑張ります。痩せる努力をしています。けっこう陽気に振る舞えると思います。知らないけど。言い訳がましくなったのでおわりです。アレな記事だけど読んでくれてありがとうね。

(おわり)

大見得を切る

みんな四季を真に受けすぎだ。季節は案外はっきりしない。毎年毎年、春らしい気候になったと思えばすぐに冬に逆戻りして、また春になって、を繰り返している気がするし、今年も絶対そうなると思う。気候とは関係なくカレンダーの上では確実に日数が過ぎていき、「新生活の春」は揺るがないのがむかつく。

冬のあいだに馬鹿みたいに太ったので痩せることにした。体重が70キロの大台に乗った。タカアンドトシのタカみたいなポップな肉付きをしている。シンプルに情けない。

受験は最後の数ヶ月は完全に無理になって投げやりな気持ちになり受験生らしからぬ生活をしていて、というか”生活をしていなく”て、おもにベッドの周りに漫画の単行本やPS2コントローラーなどを転がして過ごした。

受験勉強なんかしてないしということで一ヶ月ほど前に「痩せようかな」と言ったら「受験生なんだから太るぐらいが普通だ」と父親に言われ、ひさびさに会った卒業生にも似たようなことを言われたので、「そんなもんなのか、こりゃ下手に痩せると勉強をしていないことがばれちゃうね」と思った。痩せてる受験生も大勢いるだろ。

こもる生活も精神衛生上よくなかったらしい。つらかった。

いちおう受験は受けることにして、すでに受け終わった。つらさにかこつけて勉強してなかったのであと一年受験生活という可能性がないではない、というかかなりある。いや多分そうなる。けっこう悲惨だ。浪人でどこかの大学に入って歳下と仲良くできるだろうか、それとも浪人のコミュニティとかあるんだろうか。高校の友達の「敬語使えよ」的なジョークに耐えられる気がしない。

 

まず、痩せることを主目的に、あとは体力をつけるために、毎日走ろうと思った。バカみたいな坂を下って家から二番めに近いブックオフまで着いたら、しばらく平坦な道を走り、バカみたいな坂を上って駅前のTSUTAYAのほうから帰ってくる。数百円持っていって、途中でどちらかに立ち寄ることにした。今度TSUTAYAで映画を借りよう、返すときは逆回りして先に返せば後半手ぶらで走れる。そんなことを考えながら走る。

足の裏の皮膚が割れている痛みでまともに走れない。イヤホンをしている耳が痛い。頭皮が痛い。目の奥が痛い。かき氷を食べたときのような。不健康。成人式には行かない。嫌だから。

 

走ることが生活のペースメーカーになってきている感じはする。自分の問題点を一回受け入れた上で、ひとつひとつ対処しながらまっとうな生活を送って、かつやりたいことも全部やってやると思えて、だいぶ楽になった。自分のマイナスな部分を指摘されたときは、「知ったことかよ」と心の底から思うか、そうでなければちゃんと対処していくのがよい。うやむやにするとつらい。

リア充に文学は必要ない、つらいから芸術がうまれるのだ(要約)」みたいなツイートがバズっていたけど、「つらくなくて芸術も最高」という状態のほうが普通にいいと思ってしまう。

生活に関してなにも模索してないような人は少なくとも自分の生活に関して感覚が敏感とはいえないと思う。生活に関してもちゃんと考えたほうがいいのでは。僕はAmazonでカフェイン剤を買いました。 朝起きたいから。

 

カフェイン 100錠【海外直送品】 [並行輸入品]

カフェイン 100錠【海外直送品】 [並行輸入品]

 

 

 

「全員、社会的によいとされる生き方をしましょう」なんて思わない。俺が個人的に幸せになりたいというだけで。もう春でいい。周囲の人たちもきっと俺の不幸よりは幸せを期待してくれると信じている。本気で幸せになってやるからな。あと、よいダイエット法を知っている人がいたら教えてください。よろしくお願いします。

 

(おわり)

コットンキャンディ

140文字以上

2055年・・・

 

俺「暇だしテレビでも見るか〜」ポチッ

 

深イイ話〜♪ 今回は島田紳助復活SP!

 

スタジオは"自分の中の天使と悪魔"の話題に・・・

 

頭にツノが生えていて瞳孔が完全に開いてしまっている島田紳助「ちゃうねんちゃうねん。頭ん中に天使と悪魔がおって天使は自分を正しい道へ導こうとする、悪魔は堕落させようとする。そういうふうに思てるやろ?そうやないねん。人間の心ってそういうふうにできてないねん。いいか?人間の心は炎天下の野球場やねん、ほんでそのど真ん中に、サーティワンのコットンキャンディってあるやろ?あれぐらいカラフルな金玉がな、ファッ・・・っと浮かんでんねん。(会場爆笑)

f:id:gnu_no_stand:20170202235347j:image

 

ほんでその金玉から、ボトッ・・・ボトッ・・・ってこれもまたごっつい綺麗なナメクジが落ちてくんねん。そのナメクジがでっかくてな、下手したら人間の頭ぐらいあるかもしれんな。いや、悲鳴あげてる場合ちゃうで。そのナメクジの大半はそのまま弱って死んでまう。ところが図太いナメクジがおんねん。俺とかお前(中堅芸人を指差す)みたいなヤツや(笑)。ふつうのナメクジは潔く死んでいくやろ? 図太い奴らはなんとか生き残ったんねんと思うから、ものっそいスピードで野球場のベンチまで移動するんや。炎天下に照らされとったら、いくら強いナメクジでも死んでしまうからな。

 

ほんで日陰に逃げたナメクジ、こいつらは言わば選び抜かれたナメクジたちや。こいつらが次何をするか分かるか?・・・交尾やねん。子孫を残したい気持ちは人間も動物も一緒や。人が集まってきたらエッチしたいねん。俺かてエッチしたいもん(笑)。

でな、普通エッチちゅうのは男と女が平等に選びあってるように見えるやろ?ちゃうねん。恋愛に関しては確かにそうかもしれん。でもな、エッチに関しては女が男を選ぶねん。セミかて一緒や、あいつら鳴いてんのはオスやねん。オスが女の子に「エッチさせてくれ〜!!!」言うて鳴くねん。俺とかお前がテレビ出てんのも似たようなもんや。こうやってボケたりツッコんだりしてんのも結局はお姉ちゃんにチヤホヤされたいからや。せやからお前みたいな女芸人っていう生き物(いきもん)は俺らからしたら正直訳わからんねんな(笑)

 

ほんでこのナメクジのオスがメスにアピールするために何をするかっちゅうと、発光すんねんな。オスは光る、メスは光の強いオスを選ぶ、子どものオスは光が強い。光が弱いナメクジは子孫を残せない。こうしてくとな、自然と光の強くない血が淘汰されていくねん。ほんで光の強いヤツだけが残ったときって、その中で交尾していくしかないから、どんどん血が濃くなっていくやろ。天皇家みたいにな(笑)。で、お前ら覚えとけよ、めちゃくちゃ、もうめっっっちゃくちゃ濃縮されたナメクジはな・・・、金色に輝くねん・・・(会場大爆笑)

 

この金色に輝いてるナメクジをコーチが偶然見つけんねん。ほんで、「ええやん」とか言うてノックの練習でボールがわりに使うんや。1000本ノックの1000本目、金色の巨大ナメクジやねん(笑)。選手も笑てまう。だけど、そのナメクジをキャッチするとナメクジはなぜか死んでまうねん。死んでまうんやけど、断末魔の叫び声で何か言うてんねん。ナメクジが叫ぶんやで!? それを録音してもピギィとしか聞こえないんやけど、俺には何か意味のあることを言おうとしてたんやなってことだけは分かんねん! ・・・俺はな、自分の中の天使や悪魔って本当はこいつやと思うんや。

 

そいつの断末魔が正しいとか間違ってるとか、そういう問題やなくて、コイツは生まれてきて金色に輝いてバットに打たれてキャッチされて死んでまうその短い人生の中で何が言いたかったんやろなあって考えてまうねん。俺はそういうことやと思うけどなあ・・・。」

 

 f:id:gnu_no_stand:20170203003334j:image

 

これをお茶の間で観ていた俺「紳助〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(号泣)」

 

(おわり)

もぐらのちんぽ

f:id:gnu_no_stand:20170121205513j:plain

f:id:gnu_no_stand:20170121205521j:plain

f:id:gnu_no_stand:20170121205658j:plain

f:id:gnu_no_stand:20170121205653j:plain

f:id:gnu_no_stand:20170121205705j:plain

f:id:gnu_no_stand:20170121211242j:plain

f:id:gnu_no_stand:20170121205755j:plain

f:id:gnu_no_stand:20170121205809j:plain

f:id:gnu_no_stand:20170121205814j:plain

f:id:gnu_no_stand:20170121205822j:plain

f:id:gnu_no_stand:20170121210307j:plain

f:id:gnu_no_stand:20170121205948j:plain

 

【おまけ】

f:id:gnu_no_stand:20170121210656j:plain

実物のもぐら、目 退化しすぎててかわいさより怖さのほうが勝つな~~~~~~~~

f:id:gnu_no_stand:20170121210835j:plain

シルバニアファミリーのモグラ、生きててほんとに楽しい? だいじょうぶ?

 

俺はもうまじで面白いことが思いつきません・・・

 

こんなことしている場合じゃないのだが・・・

 

(おわり)

思い出補正、べつに思い出関係ない説

2ちゃんねるなんて大体そんなもんだけど、「〇〇の最高傑作は〜」みたいなスレは群を抜いて俺の怒りの琴線に触れてくる。さっきチンポジを直した手で俺のハープに触らないでくれ(これ誤用らしい)。

そういうスレでは大抵「思い出補正」という単語が登場する。昔見た作品が今見たら微妙という現象は確かに確実に存在するけど、なんか「思い出補正」とか言ってくるやつはムカつくんだよな〜と思っていた。これに対抗しようとして「思い出補正がかかるようなところも作品の魅力のうち」みたいな意見言う奴の人生は完全に嘘っぱちだと思う。去ね。断食しろ。

2017年(新年あけましておめでとうございます)にもなってくるとそういう表現じたいも下火になってきた気がする。俺が2ちゃんねるを見ないだけかもしれない。お風呂の中で思い出補正について考えてたら140文字にまとまらなかったのでブログに書こうと思いました。小学校の自由研究の"動機"に苦戦してたのなんだったんだろうね。

 

ゲームにせよアニメにせよマンガにせよ映画にせよお笑いにせよテレビにせよ、まあ創作に限らないのかもしれないけど、ものごとにある程度詳しくなると「こう来たら大体こうだな」というパターンが自分の頭の中で組み立てられてくる。それと照らし合わせて「これはこのパターンだな〜」とか「ここは外してきたな〜」とか「これは安易すぎる〜」とかいう分析的な視点を持つことができる人が偉いと思う。ハトポポコのアイコンでハトポポコみたいな絵の漫画を買いまくってサイコーとか言ってる人みたいな「それはもうそういうのが好きなだけじゃん」はクソ。ポケモンの最新作をやったゲーム好きの人が「ポケモンは通常の戦闘がつまらないのにゲームとして面白いのですごい」みたいなことを言っていてすげ〜と思った。

 

しかし素人はそういう視点が出来上がっていない状態でゲームならゲームをプレイしなきゃいけない。パターンに乗っ取った部分すらその作品の"おもしろさ"の一部に換算してしまうし、いちいち新鮮な気持ちで作品を見ることになる。子どもの頃はノンスタイルとかめちゃくちゃ面白かったじゃないですか。今見ると「上手いなあ」ぐらいだけど力は認めざるを得ないという感じがある。石田がお笑いツウや同業者は相手にしてないって言ってるのを観てなるほどと思った。

「思い出補正」とか「思い出補正がかかるような点も魅力」みたいな言い回しは、こういう鑑賞の仕方をした作品について後から思い出した場合に起こると思う。すごく"パターンとかではない"作品に見えるから。

ただ、思い出要素が0とは言い切れませんね。

f:id:gnu_no_stand:20170103220512j:image

 

パターンに照らし合わせずにものごとを見ることができれば、新鮮に、よいものに感じられることのストライクゾーンが広くなるだろう。でも創作のうえでの問題意識を共有する→ここをそういうふうに乗り越えるんだ、みたいな驚きにはたどり着けない。どちらの視点においても死角はあるというか。レビューは☆3つないし4つに抑えておきつつ、「でもやっぱり俺の思い出の作品ですね」とかちょろっと書いとくのが正しい。ジジイだけど。

M-1は「競技なのだから時間内にボケとツッコミをできるだけ多く詰め込むべき」という課題と「ボケとツッコミを詰め込んだだけの"競技用漫才"には違和感を持つべき」という課題を同時に乗り越えなきゃいけない、という文脈があって、そこを解決する発想力バランス感覚、さらに漫才のうまさ単に笑えるかどうか、話として聞きたいものか(俺はここが重要だと思うんですけど今回は関係ないです)、みたいなところがあるので見ていて面白い。国民ワラテン的なお笑いに民主主義を持ち込む感覚とか「漫才に順位はつけられない」とか正しいようで正しくなくて、要するに"思い出補正を差し引いてない人"が全部選んじゃってる状態です。彼らとしては感覚的に「面白い・面白くない」のみで観れるし、確かにトレンディエンジェル1番笑ったもんなみたいな結論になる。納得いかなかったけど。

だからと言って、M-1はよい番組ですね〜ということは否定できないというか。「表面的には分かりやすいけど熱心に見てくれる人なら工夫がわかる」というようなものが評価されていて、それを手がかりにしつつパターンを掴めていけるような感じになっている状態がすごくいいと思っています。

 

「順列組み合わせ」だとか「主題と形式の一致」みたいな部分でつまずきまくっていたのですが、そんなけちな話ではない気もする。「解体できない」「パターンに組み込まれない」ような作品を目指せば目指すほど分析的な鑑賞者のみに向けた作品を作ってしまっている感じもある。メタ的なやり方がどんどんパターンに回収されてしまう。うまいこと作れないもんですかね。2017年は何かしら創作ごとをしてみたいですね。今年もよろしくお願いしますと、新年の挨拶で締めさせていただきます。

 

てか、冬休み終わるの、やだ〜 笑

 

嫌すぐる〜笑

 

f:id:gnu_no_stand:20170103220708j:image

 

バァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(銅鑼を叩く音)

 

 

隣の人「うるせえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 

俺「うぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん;;」

 

(おわり)

 

コマーシャル

140文字以上

【俺が考えたCM】

 

ファン♪(DS)

 

(夜の校舎)

 

俺「なんだよ用事って。こんな時間に呼び出して」

 

俺「……おい。何とか言えよ」

 

俺「……なんとか言えってば、おい!」

 

……たちが……ちゃった♪

 

俺「えっ? 今なんて言った?」

 

か……ちが……なっちゃった♪

 

俺「…あ?」

 

か〜わいいか〜わいい動物くんたちが♪

 

俺「……!(絶望した顔)」

 

プチガムになっちゃった♪

 

俺「……!?(一瞬泣きそうになって)うわああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!嘘だろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!嘘だと言ってくれ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 

プチガムになっちゃった♪

 

俺「いや、おいおいおいおいおいおい!!!!!!!!!!!!マジかよクソがあああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!全員死ねえええええええええええい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!君の名は。もっと早く見とけばよかったあああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

ゼェ…ゼェ…ゼェ…」

 

明治 プチガム♪

 

 

………(暗転)

 

(真っ黒い雲で覆われた空が映し出される)

 

俺「ゴオオオ……(真っ赤な龍になり、暗雲を裂きながら飛んでいる)」

 

ユーミン「空に〜 憧れて〜♪」

 

俺(龍)「ゴオオオ……(飛んでいる)」

 

ユーミン「空を〜 翔け〜、て〜、ゆく〜♪(2番)」

 

俺(龍)「シュウッ……(体から白い光を放ってゆっくり消える)」

 

ユーミン「あなたの~ 名前は~♪」

 

ザーーーーーーーッ……(街で眠っていた人びとがそれぞれに目を覚ます。雲は晴れて天気雨が降る。濡れる草花。よろこぶ犬。学校の屋上でヒロインとふたり横たわっていた主人公も目を覚まし、すべてが夢だったのだと悟る。それはホッとすると同時になんだか残念でもある事実だ、なんて思っていると、ヒロインも目を覚ます。いや、変な夢を見ちゃってさ、私も、みたいな会話をする二人。)

 

(さ、帰ろう、なんて歩き出すと、ポケットの中に何か感触がある。取り出してみるとロケットだった。主人公はあの冒険が単なる夢ではないことを確信するがヒロインには告げない。空を見上げると雨は止み、雲ひとつない快晴だった。)

 

(――夏が、始まる。)

 

――――――――ドデカミンおにぎり、発売中。

 

(おわり)