読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大見得を切る

みんな四季を真に受けすぎだ。季節は案外はっきりしない。毎年毎年、春らしい気候になったと思えばすぐに冬に逆戻りして、また春になって、を繰り返している気がするし、今年も絶対そうなると思う。気候とは関係なくカレンダーの上では確実に日数が過ぎていき、「新生活の春」は揺るがないのがむかつく。

冬のあいだに馬鹿みたいに太ったので痩せることにした。体重が70キロの大台に乗った。タカアンドトシのタカみたいなポップな肉付きをしている。シンプルに情けない。

受験は最後の数ヶ月は完全に無理になって投げやりな気持ちになり受験生らしからぬ生活をしていて、というか”生活をしていなく”て、おもにベッドの周りに漫画の単行本やPS2コントローラーなどを転がして過ごした。

受験勉強なんかしてないしということで一ヶ月ほど前に「痩せようかな」と言ったら「受験生なんだから太るぐらいが普通だ」と父親に言われ、ひさびさに会った卒業生にも似たようなことを言われたので、「そんなもんなのか、こりゃ下手に痩せると勉強をしていないことがばれちゃうね」と思った。痩せてる受験生も大勢いるだろ。

こもる生活も精神衛生上よくなかったらしい。つらかった。

いちおう受験は受けることにして、すでに受け終わった。つらさにかこつけて勉強してなかったのであと一年受験生活という可能性がないではない、というかかなりある。いや多分そうなる。けっこう悲惨だ。浪人でどこかの大学に入って歳下と仲良くできるだろうか、それとも浪人のコミュニティとかあるんだろうか。高校の友達の「敬語使えよ」的なジョークに耐えられる気がしない。

 

まず、痩せることを主目的に、あとは体力をつけるために、毎日走ろうと思った。バカみたいな坂を下って家から二番めに近いブックオフまで着いたら、しばらく平坦な道を走り、バカみたいな坂を上って駅前のTSUTAYAのほうから帰ってくる。数百円持っていって、途中でどちらかに立ち寄ることにした。今度TSUTAYAで映画を借りよう、返すときは逆回りして先に返せば後半手ぶらで走れる。そんなことを考えながら走る。

足の裏の皮膚が割れている痛みでまともに走れない。イヤホンをしている耳が痛い。頭皮が痛い。目の奥が痛い。かき氷を食べたときのような。不健康。成人式には行かない。嫌だから。

 

走ることが生活のペースメーカーになってきている感じはする。自分の問題点を一回受け入れた上で、ひとつひとつ対処しながらまっとうな生活を送って、かつやりたいことも全部やってやると思えて、だいぶ楽になった。自分のマイナスな部分を指摘されたときは、「知ったことかよ」と心の底から思うか、そうでなければちゃんと対処していくのがよい。うやむやにするとつらい。

リア充に文学は必要ない、つらいから芸術がうまれるのだ(要約)」みたいなツイートがバズっていたけど、「つらくなくて芸術も最高」という状態のほうが普通にいいと思ってしまう。

生活に関してなにも模索してないような人は少なくとも自分の生活に関して感覚が敏感とはいえないと思う。生活に関してもちゃんと考えたほうがいいのでは。僕はAmazonでカフェイン剤を買いました。 朝起きたいから。

 

カフェイン 100錠【海外直送品】 [並行輸入品]

カフェイン 100錠【海外直送品】 [並行輸入品]

 

 

 

「全員、社会的によいとされる生き方をしましょう」なんて思わない。俺が個人的に幸せになりたいというだけで。もう春でいい。周囲の人たちもきっと俺の不幸よりは幸せを期待してくれると信じている。本気で幸せになってやるからな。あと、よいダイエット法を知っている人がいたら教えてください。よろしくお願いします。

 

(おわり)